Media マスコミ掲載

参院選に藤木氏推薦/宮崎県農民連盟/衆院は現職3氏(日本農業新聞)

 【宮崎】宮崎県農民連盟は18日、第95回代議員会を各支部とオンラインでつなぎ、開いた。今秋に見込まれる第49回衆院選の候補者に、いずれも現職・自民党の3人の推薦を決めた。1区は武井俊輔氏(46)、2区は江藤拓氏(60)、3区は古川禎久氏(55)。

 2022年の第26回参院選の比例代表候補者には、全国農業者農政運動組織連盟が既に推薦を決めている、藤木眞也氏(自民、54)の推薦を決めた。

 会議には代議員約100人が出席した。推薦した各候補者の政治活動の支援に組織を挙げ取り組むと確認。「基本農政の確立運動の強化に関する特別決議(案)」も承認した。現場の声を農政に反映し推薦候補者の当選を目指すため、組織一丸で支援していくと決議した。連盟の福良公一委員長(JA宮崎中央会会長)は「推薦候補者の圧倒的な得票に向け、農政運動を展開する」と訴えた。今回、連盟が藤木氏推薦を決めたことで全都道府県での推薦が決まった。

 藤木氏は「専業農家出身の唯一の国会議員として地域農業の振興に向け、総合的な政策を構築したい」と決意を述べた

【2021年6月19日付日本農業新聞掲載】

Contact お問い合わせ

  • 国会事務所

    〒100-8962
    東京都千代田区永田町2-1-1
    参議院議員会館1006号室

    TEL:03-6550-1006
    FAX:03-6551-1006

  • 後援会事務所

    〒101-0047
    東京都千代田区内神田2-12-12
    安輝ビル4階

    TEL:03-6262-9936
    FAX:03-6262-9937

TOP