Media マスコミ掲載

藤木政務官ら視察災害対策緊急要請/福岡・JA筑前あさくら(日本農業新聞)

草場委員長は「関係各機関と連携し、早期の復旧、復興に尽力したい」と話した。/藤木農水政務官(右)に要請書を手渡す草場委員長(中)

 筑前あさくら農政連とJA筑前あさくらは9日、九州地方を6、7日に襲った豪雨で被害があった農産物の次期作支援や、総合的な災害対策の強化に対する緊急要請を行った。同農政連の草場重正委員長、JAの深町琴一組合長らが藤木眞也農水政務官と、「博多万能ねぎ」の被災ハウスなどを視察。「近年の豪雨被害に関する緊急要請」の文書を手渡した。

 2017年の九州北部豪雨以来、JA管内は3年連続で農地、農業用地が被災している。今年は筑後川流域を中心に広範囲で被害を受けた。

 要請では、早急な次期作支援や、これまで崩壊した農地・農道、用水路などの早期復旧を訴えた。近年の異常気象を踏まえ、同じ場所で起きる災害に対する総合的な対策強化も要請した。

【2020年7月11日付日本農業新聞掲載】

Contact お問い合わせ

  • 国会事務所

    〒100-8962
    東京都千代田区永田町2-1-1
    参議院議員会館1006号室

    TEL:03-6550-1006
    FAX:03-6551-1006

  • 後援会事務所

    〒101-0047
    東京都千代田区内神田2-12-12
    安輝ビル4階

    TEL:03-6262-9936
    FAX:03-6262-9937

TOP